子供部屋を広くしよう

部屋同士を繋げてみよう

小さい子供は親と一緒に寝ますし、遊ぶ時はリビングなどを使うので子供部屋を使う機会が少ないと思います。
使わない部屋があるのはもったいないので、壁を壊して他の部屋と繋げるのが良い方法です。
大人の寝室と繋げることで、寝る空間が広くなります。
寝室が狭いと、寝る時に圧迫感を抱いてしまいます。
それでは、質の良い睡眠を確保できないでしょう。

壁を壊して寝室を広げてください。
幼い子供は親と一緒に寝ることで安心できます。
大きくなった時のことを考えて、子供部屋を用意するのは良い方法です。
ですが小さいうちは使わない可能性が高いので、オープンスペースを作った方が良いですね。
開放感のある寝室で、家族みんなで寝てください。

兄弟兼用の部屋にする

兄弟や姉妹など複数の子供がいる場合は、それぞれの部屋があると思います。
子供が小さい時は、子供部屋の仕切りをなくすのが良い方法です。
すると部屋が広くなるので、子供も満足できるでしょう。
オープンスペースを作って、子供が大きくなったら再び壁を設けることができます。
中学生ぐらいになったら、自分の部屋が欲しいと感じるでしょう。

兄弟や姉妹で兼用の子供部屋では、プライバシーがなくなってしまいます。
子供のストレスになるので、再び仕切りを作ってください。
オープンスペースを作る時は、そのことにだけ注意してください。
子供部屋が広くなれば、そこで遊ぶこともできます。
大勢の友人が自宅に来ても、子供部屋が広ければ安心です。


この記事をシェアする